日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ちんぷんかんぷん ということ

ノンカテゴリ

ちんぷんかんぷん ということ
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

さっぱり分からん ということ

読書していて、
1つのパラグラフを読んで
さっぱり分からないということは
あまりないのですが……

まずは、お読み下さい。


「そして、この調査の中から、ビジービーバーというチューリングの停止問題とも関連のある非常に興味深い関数やゲーデルの第一不完全性定理の具体的な例ともなったグッドスタイン数列の終結定理、非原始帰納関数の典型例であるアッカーマン関数、証明論や計算理論に現れる急増加関数(F.G.H)が、巨大数と密接に関わっていることを知った結果、見えていた風景が一変しました。20世紀以降の巨大数の歴史は、このような文脈のなかで、計算理論の発展ーー原始帰納関数から多重帰納関数の発見、一般帰納関数への拡張、計算可能関数との同定、非計算可能関数の発見等ーーを主軸に添えて、さまざな表記方法の創出と具体的問題への応用を付記しつつ語られるべきものと考えるようになりました。(ここでは、知らない用語があっても気にしないでください。本文で説明しますので。)」

鈴木真治 「巨大数」岩波科学ライブラリー 2016 p.V より

出典 http://

画像をクリックするとアマゾンに飛びます ↓ ↓


如何ですか、
日本語の漢字の羅列なのですが、
普通の方は見事に意味不明でしょ。

ぼくも数学者では無いので、
さっぱり分かりませんでした。
でも、
なんか、
気分は痛快で、
思わずにやにやしてしまいました。

これほどまでに、
かけ離れた世界の術語というものがあるんだということに
開き直った 愉快さを感じたのです。

その上、
この本は読み進んでゆくと、

非常に面白いのです。

実はこの本、

数えられないくらいデカイ数の話が満喫できる本なのです。

われわれの知っている1番大きな数といえば、
お経に出てくる
「無量大数」という単位くらいでしょ。

でも「不可説不可説」という単位のほうが大きいとか

8×10の63乗の砂粒があれば宇宙を埋め尽くせるとか

これはギリシア時代にアルキメデスが計算したとか……

読むほどに、
面白さが増します。

最初にビビって損したって感じです。

にゃん!

きっと世の中の多くの人は、
さまざなモノ・コトがある中で、
最初のところでつまずいたり、

面白くないや
と先に進むのを止めてしまって
その先に待っている数々の素晴らしいモノやコトに
出会わずじまいになっているんじゃないかな
と思いました。

著者も書いているように、
「知らない用語があっても気にしないでください。本文で説明しますので。)」
言葉を信じて、読み進めましょうね。

人生も信じて
進みましょう、てことですね。


ホントのちんぷんかんぷんというのは、こういうことをいうのであります ↓

「数論とトポロジーの密接な繋がりはD.Qillenがコポルディズムと形式群の間に深い関連を見出したことに端を発する。その後1970年代にはJ.Moravaにより形式群のheightに対応したフィルトレーションをコボルディズムに入れてAdams-Novikovスペクトル系列の解析を行う哲学が提起され、Miller-Ravenel-Wilsonによる代数的な計算やRavenelによる安定ホモトピー圏を局所化した構造解析、さらにRavenelが提起した10個の予想をM.Hopkins達らが解決したことで空間の安定ホモトピー圏の理解は大きく進歩した。」

中井洋史 「Motivicホモトピー圏におけるChromatic的手法」東京都市大学共通教育センター紀要 2012(5) 43-56

出典 http://

中井先生、ごめんなさい!


藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin